育毛

女性でも薄毛になるの?

『女性でも薄毛になるの?』

 

薄毛といえば、男性につきものの悩みのように考えるかもしれません。が、女性でもあり得ることです。

 

男性の場合でも、薄毛になる原因や悪化要因はたくさんあります。女性はさらに多いようです。

 

女性の場合、大まかには年齢別に薄毛の理由を考えるのが理解の早道のようです。

 

まず、20代30代に多いのは、間違ったヘアケアでしょう。たとえば、シャンプーを直接頭にかける、ツメを立ててゴシゴシと洗ってしまう、といったところが代表的なものでしょう。

 

ヘアスタイルも可能性としては考えないといけません。ポニーテールのように頭皮に負担をかけるものは、血行を悪くしがちです。

 

また、過激なダイエットが引き金になっている場合もあります。髪の毛に十分な栄養が行かないだけではなく、ホルモンバランスを崩してしまい、これも髪の毛の成長サイクルを乱すことになります。

 

また、妊娠・出産も薄毛の引き金になります。これもホルモンバランスの変化が考えられます。

 

また、40代50代となると、頭皮の老化、更年期障害の影響などを考えないといけないでしょう。抜けるだけではなく、一歩一本が細くなったり、腰がなくなったりで、ボリュームが減ってしまいます。

 

また、喫煙やストレスが薄毛を招くのは男女や年齢を問いません。

 

喫煙では毛細血管を破壊しますので、当然、毛根などにも栄養が届きません。また、皮膚の表面温度も下げてしまい、これも血行を悪くします。

 

ストレスから、ホルモンバランスを崩し、毛が抜ける……というはよくあるパターンでしょう。
今日では、抜け毛についての治療薬として世界中(約60ヶ国)で認可・販売が行われている一般用医薬品「プロペシア錠(フィナステリド)」を内服して行う治療法がとても増えていると公表されているようです。

 

 

 

 

 

薄毛にお灸が効くって本当?

『薄毛にお灸が効くって本当?』

 

薄毛の対策として考えられるのは、まずは生活習慣と食生活の改善です。

 

それでもだめならば、発毛剤・育毛剤・養毛剤。また、近年では医療機関でも治療を受け付けているところが多くなりました。

 

が、これらの医薬品や医療機関で主流になっているのは西洋医学の考え方です。トラブルの原因になっているところをたたき、それで改善を目指します。

 

効果は直接的です。が、副作用が大きいなどの短所もあります。

 

一方、一部に漢方薬の考え方を採り入れた育毛剤があったり、東洋医学の手法で薄毛の治療に取り組むような医療機関もあります。

 

これらの基本となる考え方は、体が本来持っている治癒力を目覚めさせ、その結果として、体のトラブルをなくすことです。

 

薄毛でも、漢方薬や東洋医学での治療を考えてもいいでしょう。

 

で、この手法の一つが鍼(はり)や灸(きゅう)です。

 

実際に、薄毛治療として受け付けている鍼灸院(しんきゅういん)はたくさんあります。

 

鍼や灸が薄毛に効くのはどういったメカニズムなのでしょうか?あるいは、どういったパターンの薄毛に効果を発揮するのでしょうか?

 

まず、期待していいのはストレスからホルモンバランスを崩してしまい、それが薄毛になっている場合でしょう。

 

また、血行が悪く、毛根などへも栄養が十分に行き渡っていない場合も考えられるでしょう。

 

これらに効果のあるようなツボに鍼を打ったり、灸を据えることになるでしょう。

 

効果は期待していいものです。が、直接的な対処ではありませんので、少し時間がかかるのは承知しておきましょう。

 

 

最新の人気サイト

 

全身脱毛に使う専用器具、毛を抜く体の部位によっても1日あたりの所要時間が大きく変わってくるので、全身脱毛を始める前に、どのくらい時間が必要か、認識しておきましょう。
http://全身脱毛横浜なび.com/

 

ヒゲ脱毛は一度おこなっただけで1伸びずツルツルになる類のものではありません。サロンにおけるヒゲ脱毛は標準的には5回未満程度が目安で、定期的に数カ月刻みにサロン通いをすることが要されます。

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴